おばあちゃんのささ漬話 その1

  

我が社の先代社長、おばあちゃん。。。今年83歳、生涯現役の元気でなかなか美人なおばあちゃんです。先日おばあちゃんとのささ漬話が面白く、まさに、ささ漬の生き字引!!少しづつご紹介いたします。

上杉家はさだかではないが、江戸時代から続くお魚屋さんらしい。。。

上杉商店の先先先代は、沢山採れる えそ なる魚でちくわの製造販売をしていたそうな。。。

先先代、つまりおばあちゃんのお舅様の代になると、当時沢山水揚げされた様々な魚の行商(自転車の移動販売)に進化。小浜市を超え、隣町まで自転車で販売に回られたとか、昔の人は強い!!ひいじいちゃんは出張でお刺身や魚料理も宴席で披露したそうな、まさに出張料理人も兼任!!のどかな昔の風景が垣間見られるおばあちゃんの話はほのぼの和みます( ´ ▽ ` )

昔の記憶をたどりながら当時の思い出を話してくれるおばあちゃんの目はキラキラ輝きを増し、そこからどのようにして現代の小鯛笹漬け専門店、上杉商店に発展していったのか。。。順次お伝えします。